Title: なぜKNCでプレゼン?

なぜ、
KNC(Knowledge Nebula Crystallizer)で
プレゼンテーション?


この下のほうのご興味の移動予測という空間を御覧いただくとわかりますように、僕の頭の中には言いたいことあるいはこれまでに語ってきたことの断片が nebulous (星雲状)に渦巻いています。それを半自動で結晶化していろいろなストーリーを作りたいというのがそもそもの動機でした。



Author: Koichi Hori


KNCでプレゼンテーション


automatically generated story 6.18.33.37

This is an automatically generated story.
これは自動的に生成された空間です。
「起承転結」の関係になるような項目をシステムが自動的にさがして上から下に並べました。
上の空間の中でクリックすると各項目にアクセスできます。


 

現在の御興味の推定位置と御興味の移動予測

(これは、トピック間のキーワードの共有度とユーザの行動履歴をもとに自動的に作成した空間です。)

御興味移動先予測地点に近い項目から遠い項目まで一覧(距離):


堀 浩一のホームページへ

現在位置 x = 0.48, y = 0.0
現在誤差 sigma = 0.0
予測位置 x = 0.48, y = 0.0
予測誤差 sigma = 0.07


(別の方法で計算した)現在の文脈で関連しそうな項目(関連度):
relevant in the current context (relevance score):


堀 浩一のホームページへ