Title: Web版のKNCだと何が嬉しい?

Web版の KNC(Knowledge Nebula Crystallizer) を使ってプレゼンをすると、何が嬉しい?


stand-alone application版のKNCを使っていた時は、自分のPCが死ぬとpresentationがまったくできなくなるという不安を抱えていました(powerpointなどの市販ソフトと違って、他人のPCにKNCがインストールされていることはありませんから)。Web application版なら、ネットとブラウザさえあれば、大丈夫。iPadでもOK!



Author: Koichi Hori


KNCでプレゼンテーション


 

現在の御興味の推定位置と御興味の移動予測

(これは、トピック間のキーワードの共有度とユーザの行動履歴をもとに自動的に作成した空間です。)

御興味移動先予測地点に近い項目から遠い項目まで一覧(距離):


堀 浩一のホームページへ

現在位置 x = 0.45, y = 0.0
現在誤差 sigma = 0.0
予測位置 x = 0.45, y = 0.0
予測誤差 sigma = 0.07


(別の方法で計算した)現在の文脈で関連しそうな項目(関連度):
relevant in the current context (relevance score):


堀 浩一のホームページへ